歯科で骨移植するインプラント治療についてセダロカ

インプラントや骨移植をするために歯科に通おう

歯科で骨移植を行うインプラントの治療法には、1回法と2回法という2つの治療法があります。

「1回法」とは、顎の骨にインプラントを埋めてすぐの時はインプラントの1部分やインプラントの上に付けた部品が粘膜の上に見えています。
上顎の場合は2~3ヶ月程度・下顎の場合は4~6ヶ月程度経った後に、義歯の作成を行うという治療法です。

「2回法」とは、顎の骨にインプラントを埋めてすぐの時に粘膜で完全に覆います。
上顎の場合は2~3ヶ月程度・下顎の場合は4~6ヶ月程度経った後に、インプラントの上の粘膜をもう一度切開します。 続きを読む

歯科で骨移植をするインプラント治療を受けることは、だれでも出来るわけではありません。いくつかの条件があります。
「インプラントを埋め込むことができるだけの骨がしっかりあること」「噛み合わせに問題がないこと」「18歳以上であること」「治療後のメンテンナンス定期的に受けることができること」、これらの条件を満たしておかなければいけません。
他には「インプラント治療を受けることにリスクがある疾患はないか」ということがあります。

また、喫煙者はインプラント治療を受けることが出来ないこともあります。
喫煙者の場合、タバコのニコチンによる血流阻害や血管収縮によってインプラント治療に悪影響を及ぼし、非喫煙者と比較するとインプラント治療の成功率が低いためです。 続きを読む

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年3月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031